Read Article

【やばい!】鼻の下の汗、原因はこれだった!止めるための方法は?

【やばい!】鼻の下の汗、原因はこれだった!止めるための方法は?

暑くなり始めると、汗に悩む女性が多くなりますよね。
特に鼻の下はいつのまにか汗が湧き出ているなんてこともあります。

ヒトは体の機能として、汗をかくことで体から熱をうばい、体温を調節をしています。
しかし、中には普段の生活を困らせるほどの汗を出てしまう人も多いですよね。

主に、手のひらや脇の下、顔などに多く汗をかく現象があります。
ちなみに、顔は脇以上に汗腺があるので、実は汗をかきやすい場所でもあるのです。

ここでは、自然に出てくる「鼻」汗の原因を考え、止めるための方法を紹介します。
メイク直しに悩まないためにもぜひ参考にしてみてください。

顔や鼻の「汗」の原因

通称「顔汗」と呼ばれるのは、顔や鼻の頭、鼻の下に汗をかき、あごからしたたり落ちるような状況です。

特に、電車の中や仕事中に顔から汗がながれている人もおおいですよね。
本人はおそらくヒトの目が気になって、余計に緊張していることもあるし、周りの人からすると「見てはいけない」なんて気を遣うこともあります。

原因はさまざまあるんですけど、その1つは更年期障害や甲状腺の病気です。
こちらは時間が解決したり、しっかり治療することが必要になります。

バランスの変動

それ以外の原因では、ストレスやホルモンバランスの変化が引き起こしています。
主に汗は神経のバランスが重要で、自律神経や交感神経の作用がうまくいかず、汗を制御する神経までうまく働いていないと考えられています。

対策として、薬や漢方も使うこともあるし、手術することもあります。

汗腺が弱い

体が汗をかきにくい体質になっていると、汗が出やすいところから出てきます。

運動不足などで普段から汗をかいていないと、汗腺が集中している顔、なかでも鼻の下などから集中して汗をかきやすくなってしまいます。

心当たりがある場合は注意しておきましょう。

鼻の周り汗は、顔の中心でもあるし、メイク崩れの原因でもあるので、女性にとっては大きな悩みですよね。
ここからは汗を抑える対策を紹介します。

鼻汗を抑える対策方法

まずは、普段から、運動や半身浴などで体の汗腺の働きをよくしておくといいです。
体のほかの場所で汗をかくことができれば、鼻や顔に集中することがなくなり、量の削減が期待できます。

体質を変えるので少し時間がかかりますが試してみてください。

冷やす

汗で体温調節するので、体を冷やすことでわざわざ汗を出さずに済みます。

首、わきの下には大きな血管が流れていて、冷やすことで頭から体全体を内側から温度調節の期待ができます。
保冷剤や濡れタオルといったものを、脇、首にあてて冷やしてみると、スーッと温度が下がってい感じがあります。

こまめに冷やしておけば、しっかりと体温調節をして、汗が出ることを未然に防ぐことができるかもしれません。

ツボをおす

和服を着る人が良く使う方法です。

ちょうど胸のあたりに上半身の汗を抑えるツボがあり、そこを圧迫することで汗を抑えるというものです。
ツボ押しようのベルトや帯も市販されています。

ただ、汗がすでにだらだらと流れている人には効果はいまいちです。

汗止め帯って顔汗防止に役立つの?

薬を飲む

多汗症には治療薬があります。
汗をかくという反応そのものを止めるので、一時的に汗が出にくくなるというものです。

もちろん、病院で医師と相談のうえで処方してもらいます。
効果が出るまで時間がかかったり、副作用もありするので注意はしましょう。

皮膚科や心療内科で相談できます。

メイクを工夫する

最近の化粧品はとても優秀です。

メイク崩れは、暑さや乾燥で皮脂が浮き出てきて、化粧を浮かし、汗で流れ始めることで起きます。菱

そこで、汗の出し方を調整するクリームや汗や皮脂に強い化粧下地もあります。
また、汗でヨレてしまうのを避けるため、ファンデーションは薄くすることもテクニックです。

最後に

汗の書く原因がわかれば、どのように止めればいいのかもわかります。

最近はメイクで対策する方法も多いので、いろいろと試してみてはいかがでしょうか。

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top