Read Article

化粧前のケアで改善、汗で前髪がべたべた、びちょびちょになる前に。

前髪が額の汗で、びちょびちょになったり、べたべたくっつきやすい人は、おでこの汗が多い可能性があります。

せっかく前髪をセットしたのに、額の汗で台無しになってしまうことも。
特に、湿度の高い時期は汗が乾きにくく、前髪もべとべとしやすい状況です。

そもそも頭皮や額は、汗が出やすく湿って、水分がこもりやすいとことです。
うまく汗がコントロールできずに、前髪がまとまり割れたり、額にくっついたりするのです。

ここでは、原因となる汗を解消する方法と、その原因を紹介します。

汗をコントロールして解消する

前髪がべとべとするのは、汗が原因です。
なので、おでこの汗が出ることを抑えることができれば、前髪に汗がつくこともなく、メイクが崩れることもありません。

顔に使える制汗剤を使う

もっとも手軽に解消できる方法として、汗を抑える「制汗剤」を使うことです。

制汗剤でも脇に塗るものを、顔に使ってはいけません。
刺激が強く皮膚が突っ張る感じがでます。

今は、顔専用の制汗剤が販売されていて、化粧下地として使えます。

顔専用の制汗剤は、汗の出る量を調整し、自然に乾く量に抑えてくれるので、前髪がべたつく前に乾き、おでこにくっつく心配がなくなるのです。
もちろん、顔の汗も調整するので、メイクが崩れにくくなり、メイク直しの回数も時間も格段に減ります。

使い始めて数日で効果が実感できるはずです。

規則正しい生活

汗は、体の調子にも直結しているので、規則正しい生活を送ることも大切です。

特に重要な点は

  • 充分な睡眠
  • 食事のバランス
  • 適度な運動

汗が嫌いだからと言って、エアコンを常につけおくことも避けましょう。
運動が不足したり、汗をかかないことが常態化すると、汗を出す機能がどんどん弱まります。

規則正しい生活は、とても重要ですが、初めてすぐに変化が出にくいこともあります。

汗で前髪がべたつき、悩んでいる人は、制汗剤で応急処置をしつつ、日常生活を見直すことをお勧めします。

髪がべたつく原因

頭皮やおでこには、汗腺が多く、皮脂や汗の分泌が多いこと、また髪があることで湿度がこもりやすいです。
特に、皮脂の分泌が増えてしまうのには、いくつかの要因があります。

睡眠不足
食生活が悪い
運動不足
ストレスなど

さまざまな生活習慣が原因となって、皮脂の分泌が増えるといわれています。

汗腺の衰えによる汗

前髪にまとわりつく、ベタベタの汗は、皮脂がたくさん混じっているためです。
この皮脂が前髪につき、前髪同士をまとめて束にさせてしまいます。

睡眠不足や運動不足などで、汗腺が衰えると、汗の質が悪くなり、皮脂混じりのベトベトした汗が出やすくなります。

最近は空調が整っている環境も多く、それが汗腺の働きを弱め、汗がべとつきやすくなる要因でもあります。

ただ、汗腺の働きは戻すことができるので、低下しているときは、規則正しい生活をすることを心がけましょう。
適度な運動をして、日頃から汗をかく習慣を身につけるだけで、汗の状態は改善します。

頭皮の問題

そのほか、頭皮にも原因がある場合があります。

頭皮は毛穴が多く、皮脂、汗がとても出やすいです。
特に、市販されている一般的なシャンプーは、洗浄力がとても強く皮脂を奪いすぎたことで、かえって皮脂が分泌してしまうからです。

皮脂は必要なもので、落としすぎると、不足を補おうとして余計に分泌してしまうことがあります。

皮脂の分泌が多くなると、髪がべたつき頭皮の健康状態も悪くなりやすくなります。
もし前髪だけでなく、髪全体のべたつきが気になる場合は、シャンプーを変えたほうが良いかも。

最後に

前髪が額の汗で、べたつく人は、汗の量が多い場合があります。

もっとも大切なことは、汗になれる、汗腺の働きをよくすること、生活環境の改善が大切です。
しかし、時間がかかるので、応急処置として顔専用の制汗剤で汗を抑えることもお勧めします。

頭皮にも問題がある場合は、規則正しい生活だけでなくシャンプーを低刺激なものに変更しましょう。

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top