Read Article

【簡単】汗で前髪がうねる!割れる!そのうねりからできる張り付きの解消法を紹介

【簡単】汗で前髪がうねる!割れる!そのうねりからできる張り付きの解消法を紹介

湿度が高かったり、気温が熱くなる時期は、顔に汗をかき、前髪がうねってしまうことも多いです。
その前髪のうねりが、束になってまとまり、割れてしまうことも・・・。
うねる前髪、まとまる前髪の対策ができなくて、結果「前髪なし」ということも。

そんな悩みが多い時期、前髪をいつもサラサラな状態でキープをしたいものです。

湿度が高かったり、気温が熱くなる時期は、顔に汗をかき、前髪がうねってしまうことも多いです。
その前髪のうねりが、束になってまとまり、割れてしまうことも・・・。
うねる前髪、まとまる前髪の対策ができなくて、結果「前髪なし」ということも。

そんな悩みが多い時期、前髪をいつもサラサラな状態でキープをしたいものです。

ここでは汗による前髪のうねりを起こさない方法を紹介します。

汗を出さなければいい

まず、最初にもっとも簡単な方法として、暑い日でも汗を出さない方法です。

前髪を崩す大敵は額の「汗」や「皮脂」。
そのじゃまな「汗」や「皮脂」をなるべくおさえるようにします。

顔汗用の制汗ジェルも販売されていて、汗の量をコントロールしてくれます。
汗が出なければ前髪も崩れないし、メイクの崩れも少なくなります。

顔の汗を解決するには最もしっかりしている方法なので、チェックしてみてください♪

「うねり」の原因

水分がキューティクルに影響する

汗や湿気で、髪がうねる人の多くは、キューティクルに原因があります。
そのキューティクルがはがれ、内部に水分を呼び込み、変にまとまった髪になってしまうのです。

髪の毛の構造は、外側から「キューティクル」「コルテックス」「メジュラ」という3つの層で作られます。
キューティクルは一番外に存在し、本来はが髪の水分量を調節する役目を持っています。

健康な髪の毛というのは、キューティクルがあり、内部の水分量が安定している状態です。

ところが、ダメージがある毛は、キューティクルが剥がれそこから必要以上に水分を取り込んでしまうのです。

髪の傷みが原因

キューティクルが剥がれてりう隙間から、どんどん水分を内部に吸収していきます。
二層目のコルテックスで、水分のバランスが崩れてしまい、クセやうねりが発生してしまうのです。

前髪のうねりを解消するには、汗をかかないようにしつつ、キューティクルを守るように時間をかけて行う対策が必要なのです。

まとめ

汗は自然と出てしまうので、前髪につくことを完全に防ぐことはできません。
しかし、制汗剤を使うことで汗の発生をコントロールして、髪が負けないようにすることはできます

汗をコントロールしつつ、キューティクルの保護を考えたシャンプーをするといいです。

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top