Read Article

【男編】汗から前髪を守る5つの対策方法

梅雨や夏になると、汗で前髪が崩れてしまうことも多いです。
せっかく時間をかけてセットしたのに、電車に乗ったらいつの間にか崩れていたなんてことも。

汗で崩れてしまった前髪はべとべとしてまとまり、ちょっとキモイ感じになることもあります。
夏なのに、シットリ感が出てしまいさわやかではない印象を与えることもあります。

ここでは、おでこの汗から前髪を守る対策方法を紹介します。
ぜひ参考にしてみてください。

対策方法1 顔専用の制汗剤

顔汗を出さないという対策方法です。
汗が出なければ、前髪が濡れることもないので崩れることもありません。

ワキ汗、足汗を防ぐ制汗剤があるように、顔専用のものもあります。

女性のメイク用として出ていますが、男性も洗顔後に軽く顔になじませるだけでOK。

顔汗専用の制汗ジェルクリームを使った感想を見る

1日100円程度の前髪対策でキープできます。

対策方法2 汗に強いワックス

前髪をセットするとき、ワックスを使っている人がほとんどと思います。
でもワックスは油分を含んでいるので、汗にとても弱いです。

できるだけ汗に強いワックスというと、マットタイプのハードワックスです。

ワックスの種類を変えるのもベストです。
また、最後にハードスプレーで固めるとさらによいです。

難点は、ワックスやスプレーが髪にダメージを与えます。
シャワーでよく洗うことにもなり、頭皮環境を悪くすることにつながります。

今後の毛の状況を考えて使う必要があります。

対策方法3 髪形を変える

スポーツしている人、特に真夏のスポーツとも言える野球をやっている人は皆さん丸刈りですよね。
そもそも前髪をなくしてしまえば、悩むこともないという考え方です。

社会人、学生になるとさすがに丸刈りはちょっと・・・。
そこで、短髪のモヒカンスタイルというアレンジがあります。

前髪をアップしてセットするのでおでこにつくこともなく、崩れることもありません。

難点は誰でもできる方法ではないという点です。
面長の人はさらに顔が大きく見えるし、毛が立ちにくい人はキープも難しいです。

対策方法4 帽子をかぶる

帽子をうまくかぶることができると、髪型をうまく隠しながら、乱れをカバーできます。
オシャレのアピールにもなり帽子はとても便利でいいアイテムです。

ただ難点はいろいろあって、おしゃれが難しい。
あと暑い夏は目立つので、研究して自分にあう帽子スタイルを作っておく必要があります。

場所によっては帽子NGもあるので、あくまでもその場しのぎの対策として帽子を持っておくといいです。

対策方法5 縮毛矯正をする

クセの強い髪で、さらに汗で前髪を悩んでいるなら縮毛矯正という方法もあります。

ストレートのおしゃれな髪型をするにはこの縮毛矯正はベストです。
雨の日や湿度が高い日でもストレートを保つことができます。
汗で濡れやすい前髪やもみあげといった、部分的に縮毛矯正をかけることも可能です。

難点は手間がかかるので費用がそこそこ高いこと、美容師によってできるところとできないところがあるので確認が必要です。
あとは、髪にはダメージがのこることと、伸びてきた髪に効果はないので永久ではないことです。

最後に

おでこの汗に悩む、前髪を対策する方法を紹介しました。
それぞれにメリットもあればデメリットもあります。

梅雨・夏場、おでこに汗をかく場面はどうしても訪れます。
ちゃんと対策を考えることで、乱れを抑えることができ、かっこいいスタイルを保つことができます。

自分にあった対策をぜひしてみてください。

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top