Read Article

ひたいの汗を止める、おでこの汗専用クリーム

ひたいの汗を止める、おでこの汗専用クリーム

まずおすすめしたい対策として、ひたいから汗が流れ出ないように汗腺の調整をする制汗ジェルクリーム「サラフェプラス」を紹介します。
流れ落ちる汗をなくす、おでこなどに塗ることができる顔専用クリームです。

朝、洗顔をして、地肌に軽く塗り込むだけで、1日の汗をおさえ、ひたいやおでこの汗を防いでくれます。
いつものメイクは、その上から始めることで化粧下地として使えるクリームです。

厚生労働省が認めている「汗の出る量を調整してくれる成分」が配合されていて、しっかりと汗をおさえてくれます。

顔汗専用の制汗ジェルクリームを使った感想を見る

ひたいの汗、おでこの汗はなぜでるのでしょうか。
原因を知ることで様々な対策ができます。

おでこの汗が止まらない原因

ひたいの汗が、止まることなく流れ出てくるような状況は、それなりに意味があります。

人が汗を出す場所は汗腺と呼ばれ、体温調節の役割を担っています。

汗の場所というと「ワキ」を思い浮かべる人も多いですが、実は人の顔にはワキの4倍の汗腺が集まっています。
どんな人でも、ひたいの汗が止まらなかったりすることはあるのです。

顔面多汗症の可能性

汗が顔しかでないという場合は、多汗症を疑う必要があります。

おでこ、ひたいを含めた顔を中心に汗をかく人です。
ワキや背中、下半身はあまり汗が出ないく局所的な多汗症で「顔面多汗症」といわれます。

顔面多汗症

顔面多汗症の原因は、詳しいことはまだわかっていません。

もっとも最新の研究によると、交感神経の働きが関与していると考えられます。

顔面多汗症を解決する方法

交感神経の活動を正常に戻すことが最も必要といわれています。

「ボツリヌス注射」や精神安定に関するお薬、漢方薬による治療が一般的です。
どんな方法にしても、医師と相談して治療をすすめることになります。

ただし、今すぐ汗を止める方法ではなく、数ヶ月にわたり症状を抑えていくような治療になります。
医師の説明を受け、経過を観察しつつ自分の体に合う状況を作っていくことになります。

精神性発汗

汗の原因として、ストレスや不安といった精神的な要因で、大量に汗が出ることも考えられます。

緊張でドキドキするのは、交感神経の働きで血管が狭くなり心拍数を増やします。
同じように緊張することで、汗が出やすくなると考えられています。

一般に、緊張すると誰でも汗をかくように、その汗がひどくなる状況です。

精神性の発汗の原因

原因は完全には解明されていません。

主に、不安や緊張といったストレスによるものと考えれてています。
何か精神的に圧迫されると、一気に汗が溢れ出てしまうわけです。

精神的な治療であったりトレーニングで解消できると考えられています。

おでこの汗対策のポイント

1、洗顔を正しくする

顔の汗の対策として、基本は洗顔です。

洗顔を正しくすることで、汗だけでなく、皮脂も正常な状況に戻します。
あまり洗浄しすぎると、肌もあれるので、正しく行いましょう。

洗顔方法

基本的に洗顔は、洗顔液に記されている使い方通りに行うことが最も有効です。

一般的には洗顔料を、適量だして泡立てる。
泡を指で肌にのせて顔を覆うように洗っていきます。

生え際からあごまで、顔全体を洗い、すすぎもしっかりと行い泡を全て落とします。
泡が残っていると、薬品が酸化したりして肌にダメージを与えるので、しっかりと洗ってください。

メイクの前に、汗、水分、洗顔料を全てふき取ることが大切です。

2、保湿も重要

おでこは皮脂分の泌が多い場所です。

洗顔をすると、必要な皮脂も洗い流し、肌の水分量が保てなくなり肌を乾燥させることでより皮脂の分泌を促すこともあります。
乳液や保湿美容液などを用いて、保湿をすることも大切です。

3、汗と皮脂の調節

汗と皮脂は別物で、汗は体温調節を行い、皮脂は肌を守るものです。
といっても多く出過ぎるとメイクが崩れたり、肌を荒らすので考えものです。

汗は全て洗い流すといいのですが、皮脂を完全に洗い流すと肌を乾燥から守ろうと分泌が促されます。
皮脂が出過ぎると、肌の荒れを引き起こします。

汗をできるだけ出さない、皮脂を調節することが大切です。

4、毛穴を引き締める

汗はとても面倒なものです。
とくにメイク崩れで悩んでいる人は多いと思います。

メイク崩れは一般に、皮脂がメイクを浮かし汗でどろどろと崩していくという感じです。
皮脂は肌を守るので、ある程度仕方が無いものです。

汗や毛穴のケアで防ぐことが望ましいです。

化粧は薄く

夏のメイクのポイントは、ファンデーションを薄く使用することです。

厚くしてしまうと、崩れが起きやすくより厚く塗っている印象が出ます。
メイク直しもパウダーで軽く対応することがポイントです。

5、ひたいの毛穴をケアする

毛穴、汗腺を鍛えておくことも大切です。

毛穴を清潔に保っておけば皮脂の分泌にも対処できます。
汗腺を鍛えておけば余分に汗をかくこともありません。

では額の毛穴、汗腺を理想な状況にに保つにはどうすればよいのでしょうか?

生活習慣の改善

まず第一には、生活習慣を改善することです。

精神的にも、肉体的にも健康な状況が望ましいです。
睡眠、食生活、適度な運動といった、いわゆる規則正しい生活をしましょう。

いきなり生活改善といって、一気に習慣を変えることは難しいです。
段階をおって変更していくことがベストです。

老廃物を除去

毛穴や汗腺を鍛えるために、半身浴をおすすめします。
半身浴をしていると、毛穴の老廃物を吐き出しきれいにするし、体の汗腺を正常な状態に戻します。

老廃物がなくなることで皮脂の状況は良くなるし、体で汗をかけるようになれば顔の汗の量が減ります。

ぜひ試してみてください。

最後に

ひたいの汗の原因は、主に精神的なものと、病気の可能性もあります。

どれが原因だったとしても、簡単に解決することはできません。
生活改善をするにも時間はかかります。

すぐに効果を考えるのであれば、洗顔などのケアや汗が出にくい状況にすることです。

このページで紹介した方法を試し、生活習慣の改善を行いつつ、おでこの汗による皮脂分泌もケアしていけるようにしていきたいものですね。
顔汗に有効な「サラフェプラス」などの制汗剤とも併せて、対策を行っていきたいものです。

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top