Read Article

顔に汗をかきたくない人の対策方法

顔に汗をかきたくない人の対策方法

電車に乗って気が付いたら

「顔汗がひどい!なんで私だけ汗かいてるの」

そんな経験ありますよね。

健康な人なら体温調節のために汗をかくのはごく自然のことですが、誰も汗をかいていないのに、自分だけが顔から汗を流しているとちょっと恥ずかしいですよね。

そんな状況にしないために、とても強い味方がサラフェプラスです。
汗の量を少量にして、蒸発を促してくれます。

サラフェプラスの効果をより発揮させるためには、大量に顔汗をかく原因を知り、一緒に対策をすることで相乗効果を期待できます。

顔汗専用の制汗ジェルクリームを使った感想を見る

改善には運動と入浴

まず汗が顔に集中する1つの理由は、体で汗がかけない状況が考えられます。

汗を出す体の汗腺の働きが弱く、顔や頭といった集中したところに汗が出てしまうのです。
そこで、全身にいい汗をかく必要があります。

ウォーキング

汗をかくために、一番よい方法は有酸素運動で、ウォーキングが簡単です。

ウォーキングには、体にとても良く特に必要な器具もないです。
期待できる効果としては、血行促進、ストレス解消など。

といっても、運動をする時間をとる人は少ないですよね。

そこで、もう1つお勧めの方法が半身浴です。
お風呂でもしっかりと汗をかけます。

シャワーで済ましている人はいると思いますけど、風呂に切り替えればいいだけです。
ほとんどの人は必ず毎日使いますよね。

上手に汗をかくお風呂の入り方

風呂で汗をかくには、半身浴が最適です。

熱いお湯では皮膚の表面だけが暖かくなり、芯から熱くなるわけではないので、あまり汗腺を鍛えることはできません。
それに熱すぎるお湯は身体に負担をかけてしまいます。

熱いお湯につかると、体力を消耗してしまうのです。

顔汗を改善するためには、「カラダの芯から温まって、じっくりと汗をかく」ことが大切です。

目安は40度以下
時間にして20分以上

人により好きな温度はあると思います。
36-38度くらいがちょうどいいかもしれません。

半身浴の方法

まずお風呂に入る前に、コップ1杯の水を飲んでおきましょう。

わざわざ体を冷やす必要はないので、常温で充分です。

発汗効果のある入浴剤を使ってもいいです。

ドラッグストアには、発汗作用のある入浴剤がたくさん販売しています。
いろいろ試してみるのもいいかもしれません。

あとは、20分を以上の時間を有効に使うアイテムです。

私は、防水できるタブレットカバーを購入し、半身浴をしながらタブレットを触っています。
読書でも、ラジオでも、ゆっくり時間を使い半身浴をするのがよいと思います。

半身浴が終われば、常温で水分補給をします。

運動する時間を作ることが難しい人や、なかなか運動が面倒で続かない人は、半身浴をしてみてください。
本当に顔から汗が出にくくなります。

冬に休んでいた汗腺の働きが復活し、顔汗解消になります。

もちろんさまざまな健康美容の効果が期待できて、続けやすいのでオススメです。

顔汗改善のためには

  • 適度な運動
  • 顔汗に効果的な入浴法
  • サラフェプラスを使う

この3つで決まりです(^^)/

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top