Read Article

ダラダラながれる顔の汗を止める2つのツボ

顔汗に悩む人も多いので、様々な方法で解消することもできます。

中には手術や注射といった外科的方法もあれば、制汗剤などのメイクによって緩和することもできます。
ただ手術や注射では顔を抑えることができても、顔の下の部位である脇の下や手のひらなどに汗がひどくなるという現象もおきやすいです。

だからといって、汗を気にするなということも難しいですよね。
近年は、汗に不快感を感じる人も多く、マナーとして汗は止めたいものです。

解決策の中で、とりわけマイナス面が少ない方法が、ツボおしです。
ツボは身体の構造から、自然に汗を抑えることになります。

ただ、ツボはあくまでも一時的なもので弱い。
持続的な方法を探している人はこちらのページを確認ください。

ツボのメカニズム

なぜツボおしで顔汗が止まるの?

ヒトの体には汗をかく量を一定に保とうと作用する機能があります。
ある部位の汗が減ると、そのほかの部位で多くの汗をかこうとすることです。

たとえば、足の汗腺の働きが弱くなって足で汗がかけないと、頭や脇でより多くの汗を出そうとします。
そこで、皮膚圧反射の原理をもちいておさえるのがツボおしです。

左右の胸や手にあるツボをおさえることで、胸部から上の汗を、一時的におさえようとするのです。
ツボおしは、体の原理で副作用もなくできます。

汗を止めるツボ

ツボの良いところは、すぐに対応できるところです。
道具も必要なく、指で圧迫するだけでどこでもできます。

強さとしては、少し痛気持ちいいくらい強めに1分程度もみつづけたり、時には皮膚を挟んでつねることもよいです。

陰げき(いんげき)

小指側の手首の付け根から、腕方向に1.5㎝下にあるツボ。
動機や息切れなどのツボとしても有名です。

屋翳(おくえい)

バストトップから上に3~5㎝ほどの場所にあるツボです。
このツボを刺激する帯もあります

汗止め帯って顔汗防止に役立つの?

ツボの注意

ツボは強くおし過ぎると、あとあともみ返しがきたりします。
指のはらで、おさえながら温めるようなイメージで優しく圧をかけていくのが良いです。

またあくまでも一時的に汗の量を少し緩和する程度です。
すでにダラダラと汗が流れている状況を止めるほどの効果はありません。

最後に

顔汗を防ぐ対策は、いろいろな手法があります。

ツボおしは、これといった副作用のようなものもないのでおすすめできます。
手や指でマッサージ用の棒も不要なので、電車の中でも大丈夫です。

ただし、あくまでも一時的におさえるものです。
根本的に、汗が流れ出ないような対策をすること、制汗剤を併用するのがもっとも効果的な対策方法です!

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top