Read Article

サラフェプラスに副作用はあるの?

サラフェプラスに副作用はあるの?

サラフェプラスに副作用はあるのでしょうか?

サラフェプラスの中心となる成分は「パラフェノールスルホン酸亜鉛」という聞きなれない成分が発汗を調整して、汗が出る量を抑え蒸発しやすくします。
でも、効果があるということは、もしかすると副作用も強く現れるのではないかと思ってしまいます。

特に顔なので肌荒れやニキビ・吹き出物などが出てしまうと大変ですよね。

パラフェノールスルホン酸亜鉛

パラフェノールスルホン酸亜鉛の働きは、汗や皮膚に入っている「たんぱく質」に反応し、汗の分泌を抑える作用があります。

いわゆる「収れん作用」というものです。
制汗剤のほかに、止血、鎮痛、防腐の作用もあるのでさまざまな化粧品や医薬品にも使われています。

もちろん濃度の高いパラフェノールスルホン酸亜鉛は、肌に悪影響を与える可能性があるという副作用があります。
そもそも毒性が弱い成分で、さらに販売される商品はとても濃度が低くまずトラブルは起きません。

@コスメの口コミを見ても、肌荒れのトラブルは見つけにくいです。
敏感肌の方も、肌荒れのトラブルがなく使っている人が多いです。

ただし、絶対に副作用がないわけではありません。
それぞれ人により肌の状況はことなり、どんな化粧品やどんな医薬品でも、副作用を出す人はいます。

そんな化粧品の中にあって、サラフェプラスは副作用のリスクが限りなく低く、敏感肌の人でも使えるように作られている製品です。

サラフェプラスは安全な顔汗用クリーム

サラフェプラスは「顔」に塗ることが前提の制汗剤なので、とことん成分や安全性にこだわっています。

肌に優しい成分

ワレモコウ・茶・シャクヤク・ソメイヨシノ葉・オウゴン・ボタン・ノイバラ果実・タイム・ダイズ種子

天然の植物由来の成分で肌を美しく整えます。

肌にダメージを与える成分を加えない

合成香料・着色料・鉱物油・石油系界面活性剤・パラベン

これらの添加物を排除、敏感肌の人が使えるようになっています。
サラフェプラスは、肌が弱い赤ちゃんでも使える優しい商品です。

日本製の医薬部外品

サラフェプラスは、医薬品レベルの厳しい製造・管理を行っている国内の工場で作られています。

返金保証ラベル右のテキスト
万が一、肌にあわず、肌荒れなどの副作用が起こった場合はでも返金保証が付いているから大丈夫です。
インターネット通販でしか購入できないので、ちょっと肌に塗ってみるといったお試しができません。

そこでサラフェプラスは、肌に合わない場合の返金保証がついています。

解約・返金手続きを行えば、代金が戻ってくるので、リスクなく試すことができます。

サラフェプラスは、成分にこだわり肌が敏感な人にも考慮して作っているし、しかも万が一副作用を感じた時は返金保証までつけています。
試しやすい商品です。

サラフェプラスの全成分

【有効成分】

フェノールスルホン酸亜鉛、シメン-5-オール

【その他の成分】

シャクヤクエキス、ワレモコウエキス、大豆エキス、茶エキス-1、オウゴンエキス、ユキノシタエキス、タイムエキス-1、エイジツエキス、ε-アミノカプロン酸、サクラ葉抽出液、牡丹エキス、水添大豆リン脂質、スフィンゴ糖脂質、濃グリセリン、天然ビタミンE、ステアロイルフィトスフィンゴシン、架橋型ポリエーテル変性シリコーン混合物、ジメチコン、架橋型ジメチコン、シクロペンタシロキサン、PEG-9ポリジメチルシロキシエチル ジメチコン、セリサイト、メチルハイドロジェンポリシロキサン、架橋型シリコーン・網状型シリコーンブロック共重合体、イソノナン酸イソトリデシル、グリチルレチン酸ステアリル、ビタミンCテトライソパルミテート、塩化Na、クエン酸Na、エタノール、フェノキシエタノール、BG、ジエチレントリアミン5酢酸5Na液、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル・オクチルドデシル)、メントール、香料
URL :
TRACKBACK URL :
Return Top