Read Article

サポニンは血中コレステロールや中性脂肪を減らして動脈硬化を防ぐ

血中コレステロールは人の身体に存在する脂質の1つで、肝臓のコレステロールを体全体に運ぶ役割を持っているLDL(悪玉)と、体内の血管の壁に溜まったコレステロールを肝臓に運ぶ役割を持っているHDL(善玉)があります。

一方中性脂肪は肉や魚、食用油など、食品中の脂質や体脂肪の殆どを占めるものです。人には重要なエネルギー源となりますが、それを摂りすぎることで体脂肪として蓄えられ、肥満や生活習慣病を起こす原因ともなります。

中性脂肪が増えることで血中コレステロールのLDL(善玉)が、減少して、LDL(悪玉)が増えるようになります。
その中性脂肪が多いことで増えるLDL(悪玉)の中には、より粒子が小さい小型のコレステロールがあります。

これは、超悪玉コレステロールと言われているものです。中性脂肪が増えることで、HDL(善玉)を減らし、超悪玉コレステロールや、LDL(悪玉)が血管の壁に溜まっていき、動脈硬化となっていくのです。

それらを予防し、改善するのに効果的なものにサポニンがあります。
サポニンは植物の根、葉、茎などに含まれている成分です。サポニンを多く含む食品は大豆、高麗人参、田七人参などがあります。
血中コレステロールの中のLDL(悪玉)が増えて、それが酸化されると、血液の流れが滞り、流れがスムーズになりません。
血液の流れが悪くなると、酸素や栄養が体の隅々にまで届かなくなったり、動脈硬化などを引き起こすようになったりします。

サポニンには血中コレステロールのLDL(悪玉)を低下させる効果があります。
血流をスムーズにすることで、血管の壁に血栓が作りにくくする働きがあります。
血管が詰まるような状態が続くことは動脈硬化、そして、心筋梗塞や脳梗塞のリスクが高まっていきます。
サポニンには血小板が固まるのを防いで、全身の細胞に酸素や栄養を届ける毛細血管の流れを改善する効果があり、血液の流れをスムーズにさせていきます。

また、サポニンには活性酸素によって中性脂肪や血中コレステロールなどの脂質が酸化されて老化や動脈硬化を引き起こす、過酸化脂質の生成を抑えて、肝機能を高める効果もあります。
サポニンは漢方薬の生薬としても使われていて、昔から人々の生活に活用されてきました。サポニンは1900年の初めには血液に対しての効果が報告されています。

動脈硬化に効果的なサポニンは食品から摂取することもできますが、より効率よく摂取できるようにお茶やサプリメントなどに配合されています。

URL :
TRACKBACK URL :
Return Top